プロフィール

3分の1

  • Author:3分の1
  • お酒が飲める年頃です。
    お酒がどんどん弱くなる年頃です。

    私の世界は常に更新し続けているよ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) | スポンサー広告 |
繰り返し同じ事の繰り返し
 ちょっと懐かしい実話。鬱すぎるのとアタシの印象が悪くなる恐れあり。ってか、内容が重たいので、苦手とかそういう人は見ちゃ駄目よ。あと、見てもドン引きしても、嫌いにならないで下さい。久々に昨日の夜に大号泣して、思い出した事、忘れたくて忘れさせていた事、昔に1度気がふれた事、私以外には知らないあの人の事、思い出したので・・・・久々に病んでます。なんかイッチャッテる事を一人で話してます。流して下さい。
 大丈夫、知ってるよ。だからね受け入れてあげるって人は読んでも大丈夫だと思います。

 先に言っておきます。こんなどんな人も見れる場所にこんな事書いてごめんなさい。私、一人の問題に巻き込んでごめんなさい。




 久々に昨日泣いて、今朝、ボケーとしていたら、なんだか昔に狐憑きにあったって言われた事を思い出しました。あれはあの人だったんですが、あの頃がピークに精神がヤバくて、何人か知ってると思うけど、左手首ボロボロで切傷と引っ掻き傷とつねった痕ばっかりで、みんなにいっぱい心配されてた頃。うん。高1だね。家族になんて言われたのかは忘れてしまったけど、あの人の事を話したらいなくなったって号泣して、うん。家族にそんな映画が昔あって、最後に主人公も死んじゃうってきいて、あの人の為なら死んでもいいかなって思ってた。そもそも死にたくなるとやって来て話だけ聞いて、私を死なない様にしてたのはあの人なのに、今、考えると酷い言われようだったね。まぁ、あの時からいなくなっちゃったんだけど。
でも、あの頃の私には自分自身を1人で支えるのにそういう支え方しか出来なかったんだと思う。一人じゃないって必死に言い聞かして、自分以外の沢山の人を自分の中に作った。その中の一人が一人歩きするようになって、おかしくなったんだと思う。そもそも自分を否定して性格に嘘をついて何年も生きてたから、そんな事になったって今じゃ分かってるし。今は一人じゃないって分かってる。
 昨日、助けてって泣いたの。もう嫌だって。何度目なのか分からないの。全ては何十年も前からあの日から呪われてしまってるの。知ってる。もしかしたら、その中にホントに私がいたのかもしれない。だって、人としてはやってはいけない事が私が生まれる前、私のお母さんやお母さんのお母さんが生まれる前に起きたの。ホントはもっと前からそれが繰り返されてる気がしてならなくて、漫画みたいな話だけど、でも本当。私の血は呪われてる。次こそは断ち切りたい。
 嘘のようなホントの話。次こそは幸せになりたい。もうこんな想いなんてしたくないよ。
 私はいったい何だったのか、知りたい。なんで、こんなに恐ろしいのか。またこんな事が起こるのかって考えると怖くて怖くて仕方がないよ。起こさないようにって私はまた一人でもがくけど。





 (何度、これを繰り返したら気が済むの?貴女は。)
2009.03.06(Fri) | その他 | cm(0) | tb(0) |
この記事へのトラックバックURL
http://rinrin53happy.blog13.fc2.com/tb.php/1107-04506689
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。