プロフィール

3分の1

  • Author:3分の1
  • お酒が飲める年頃です。
    お酒がどんどん弱くなる年頃です。

    私の世界は常に更新し続けているよ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) | スポンサー広告 |
誕生日
 今日は私の未来の旦那様伊達政宗の誕生日でございます。永禄10年8月3日は1567年9月5日です。ってことで、こっちを祝います。命日もちゃんとしたんだから、今日はもちろん!(ちなみに、3分の1は好きな歴史上の人物の命日を愛してます。)来週は長曾我部元親の命日です。ケーキ食べなきゃ!!
 3分の1がなんで命日が好きかというと、それはその日がその人の人生が良かれ悪かれ終わった日。それは、その人の人生の最後の節目。これは終わりではなくて始まりな気がするんです。私はよく仲の良い子にだけ、冗談で「私は伊達の生れ変りだから」とか言っちゃってますけど、もし私が伊達政宗の生れ変りなら、伊達政宗が死ななきゃ生まれて来れなかったわけです。その人が亡くなって悲しむのではなく、その人が次こそいい人生を迎えられるように願うんです。だから、私ではない本当の伊達政宗の生れ変りさんが今、幸せに生きている事を、あんな辛い事があったんだから、今度こそは幸せになってほしいと思う気持ちが、私を命日を好きにさせてくれたんです。どんなに辛いことがあっても逃げられない。そういう運命に生まれてきちゃった。それが開放されるんです。そんな素晴らしい事は他にはないです。
 とにかく、今は辛くても、死ぬ直前に悔やみはしたくないです。なんだかんだ言って幸せな方だったな。そう思って生きたいです。
 んー・・・人の体は器。命日=魂が開放される日。“死”を絶対的“自由”だと思ってるからそんな事言えるんだろうな。日本人の輪廻転生の思想は好きです。ってか、好き。基督教にもあるんだけどね。

 こんなに伊達が好きなのに、なんで伊達がいないんだろうって思ってるそんな病気な今日この頃。彼は嵐をも呼ぶ男ですね。
2007.09.05(Wed) | 日記 | cm(0) | tb(0) |
この記事へのトラックバックURL
http://rinrin53happy.blog13.fc2.com/tb.php/723-42eb2d0d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。